『オープンダイアローグとは何か』

日本の精神保健システムの過去と未来を考えさせる本 --------------- … Continue Reading →

『脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす』

数理脳科学の創始者によるこの領域を概観できる名著 --------------- … Continue Reading →

『これからの死に方 葬送はどこまで自由か』

葬送の自由に関する社会的合意のプロセスを議論した本 -------------- … Continue Reading →

『ネット炎上の研究』

エビデンスに基づき、炎上現象を解決すべき社会の課題と捉えた本 --------- … Continue Reading →

『2045年問題 コンピューターが人類を超える日』 『人工知能 人類最悪にして最後の発明』

人類の未来と人工知能について考える —————————————————————— … Continue Reading →

『人はみな妄想する-ジャック・ラカンと鑑別診断の思想』

ラカンを読み解き、現代の精神医学が失いつつあるものを復権させる書 ——————— … Continue Reading →

『カンデル神経科学』

神経科学に関わる者にとって最良の教科書 ———————————————————— … Continue Reading →

『医療の選択』

日本の医療はどこへ向かうべきかを考えさせる本 ————————————————— … Continue Reading →

『脳に棲む魔物』

本当の医学の進歩とは何かを考えさせる本 ———————————————————— … Continue Reading →

『エピジェネティクス -新しい生命像をえがく』

エピジェネティクスの見取り図を手にすることができる本 ————————————— … Continue Reading →

© 2016 加藤忠史Web Site     . All Rights Reserved. Theme WP Castle by Saeed Salam.